Wi-Fiの規格「IEEE802」の11a、11b、11g、11nの違い

Pocket
LINEで送る

Wi-Fiの規格「IEEE802」には「11a」「11b」「11g」「11n」の4種類がありますが、それぞれの違いについて説明します。

IEEEとは

「IEEE(アイトリプルイー)」とは「The Institute of Electrical and Electronics Engineers, Inc.」という名のアメリカの学会で、電気・電子分野における標準規格を定めている世界最大の学会のことです。

「IEEE」が定めた規格の中に「802.11」シリーズがあり、これが無線LANの規格を定めたものです。

「IEEE802.11」シリーズ

「IEEE802.11」シリーズには「11a」「11b」「11g」「11n」の4種類があり、それぞれ通信速度や通信範囲、周波数帯が違うので、対応機器を選ぶ際には注意が必要です。

というのも、モバイルルーターとモバイル機器が同じ規格に対応していなければ通信できないからです。

以下で4種類の規格について説明します。

11b(IEEE802.11b)

  • 通信速度:11Mbps
  • 通信範囲:300m
  • 周波数帯:2.4GHz
  • Wi-Fiの規格の中で最も古い
  • 通信速度が遅い
  • 電波干渉を受けやすいためマンションなどでは混線しやすい
  • 11gと同じ周波数帯を使っているので「11b/g」と表記されることもある

11g(IEEE802.11g)

  • 通信速度:54Mbps
  • 通信範囲:300m
  • 周波数帯:2.4GHz
  • 11bを高速化させた規格で現在最も普及している
  • 電波干渉を受けやすいためマンションなどでは混線しやすい
  • 11gと同じ周波数帯を使っているので「11b/g」と表記されることもある

11a(IEEE802.11a)

  • 通信速度:54Mbps
  • 通信範囲:50m
  • 周波数帯:5.2GHz
  • 11bや11gと違う周波数帯を使っているので電波干渉に強い
  • 通信範囲が狭い
  • モバイルルーターの対応機種が少ない

11n(IEEE802.11n)

  • 通信速度:150 / 300 / 450Mbps
  • 通信範囲:50 / 300m
  • 周波数帯:2.4 / 5.2GHz
  • 11gと11aを高速化させた規格
  • 2009年9月に作られた最も新しい規格
  • 周波数帯は2.4GHzと5.2GHzを切り替えて使うことができる
  • 通信速度は機器によって異なる
  • 100Mbps以上の光回線なら11nを利用しないと本来の速度を発揮できない