モバイルWi-Fiルーターの自動接続機能「WPS」「AOSS」「らくらく無線スタート」のセキュリティ

Pocket
LINEで送る

手動でモバイルWi-Fiルーターとモバイル端末を接続する場合、暗号キーを入力する必要がありますが、自動接続機能に対応している機器同士なら暗号キーを入力することなく自動的にネットに接続します。

そして、現在ではほとんどの機器が自動接続機能に対応しています。

自動接続機能には以下の3つがあります。

WPS

「Wi-Fi Aliance」によって認証された世界統一規格として開発されたので、メーカーを問わず接続できる。

ボタンを長押しすることで簡単に接続できる。

セキュリティは基本的には一番強固な「WPA2」で接続される。

AOSS

バッファローが独自開発した自動接続機能でWPSよりも古くからある。

バッファロー製品のWi-Fi機器などが対応。

モバイル端末によって最も安全性が低い「WEP」で接続したり、最も安全性が高い「WPA2」で接続される。

らくらく無線スタート

NECアクセステクニカが独自開発した自動接続機能。

NECが販売しているWi-Fi機器などが対応。

モバイル端末によって最も安全性が低い「WEP」で接続したり、最も安全性が高い「WPA2」で接続されるが、複数のモバイル端末と同時接続する場合は、最も安全性が低いセキュリティに統一される。