ソフトバンクモバイル「ULTRA WiFi 4G」下り最大110Mbpsの超高速Wi-Fi

Pocket
LINEで送る

ソフトバンクモバイルは2012年2月に4Gデータ通信サービス「SoftBank 4G」を「ULTRA WiFi 4G」としてスタートしました。

「ULTRA WiFi 4G」の最大の特徴は下り最大110Mbpsというスピード。

現状(2012年8月)では、最速の4G規格となっている。

しかし、現在発売中のモバイルルーター「SoftBank 101SI」は本体の仕様で下り最大76Mbpsとなっている。

開始当初は高速な4Gが利用できるエリアは大都市限定だが、エリア外でも3.9G(ULTRA SPEED)で接続される。

3G、3.9G、4Gの速度比較

ソフトバンクモバイルは以下のように3G、3.9G、4Gと3つの規格のデータ通信サービスを提供しています。

データ通信規格 下り最大 上り最大
3Gハイスピード(3G) 14.4Mbps 5.76Mbps
ULTRA SPEED(3.9G) 42Mbps 5.8Mbps
ULTRA WiFi 4G(4G) 110Mbps 15Mbps

エリア

2012年8月現在では、HP上では「対応エリアも首都圏をはじめ、大阪、名古屋、福岡、札幌と主要都市をカバー」で記述されていますが、性格な人口カバー率は公開されていません。

しかし、2012年末には全国政令指定都市で99%、2013年3月末時点で人口カバー率92%を目指す予定ということです。

ちなみに、3Gハイスピードの人口カバー率は90%以上、ULTRA SPEED(3.9G)の人口カバー率は80%程度とされています。

料金

「ULTRA WiFi 4G」を使うには「4Gデータし放題フラット」というプランに加入します。

「4Gデータし放題フラット」の月額料金は5985円ですが、2012年8月現在ではキャンペーン中のため月額3880円となっています。

キャンペーン終了日は未公開でHP上でお知らせするということです。

2年しばりの解約料金

「4Gデータし放題フラット」プランは2年しばり(2年継続して利用することを条件に様々な優遇措置を受けられる)なので、更新月以外に契約解除した場合9,975円の契約解除料がかかります。

速度制限

2012年9月までは使い放題ですが、2012年10月以降、毎月の利用データ量が7GB(キャンペーン利用の場合は5GB)を超えた場合、その月の月末まで通信速度が送受信時最大128Kbpsに制限されます。