テザリング

Pocket
LINEで送る

テザリングとはデータ通信可能なスマートフォンやタブレット端末をモバイルWi-Fiルーターのようにアクセスポイント(親機)のように使い、モバイル機器(ノートパソコン・ポータブルゲーム機・別のタブレット・別のスマートフォンなど)をWi-Fiでネット接続できる機能のこと。

現在は、3GだけでなくNTTドコモなら下り最大37.5Mbpsの「Xi(クロッシー)」、auなら下り最大40Mbpsのp「+WiMAX」といった高速通信が利用できるので、YouTube動画などを閲覧するのも問題なくできる。

ただし、現段階(2012年8月)では、ソフトバンクはテザリングには対応していない。イー・モバイルは下り最大21Mbpsの3.9G以下の回線となり、高速なLTEでの接続に対応している機種は販売されていない。

料金

料金は基本的にデータ定額プランの中で利用できる。

つまり、テザリングを使ったからといって追加料金は発生しない。

しかし、auの+WiMAXだけは使った月のみ525円の追加料金が発生する。

バッテリー

テザリングを使うとバッテリーの消耗が非常に激しくなるので、予備バッテリーや充電器を持ち歩いた方がいい。

以下のような、持ち運びできる充電器とケーブルを持つと安心です。

SANYO USB出力付きリチウムイオンバッテリー (専用高容量リチウムイオン電池使用) KBC-L2BS
SANYO USB出力付きリチウムイオンバッテリー (専用高容量リチウムイオン電池使用) KBC-L2BS

PLANEX FOMA/3G/au/Dock/PSP/DS/MicroUSB/miniUSB用巻取り式充電ケーブル ホワイト BN-MUS7CW
PLANEX FOMA/3G/au/Dock/PSP/DS/MicroUSB/miniUSB用巻取り式充電ケーブル ホワイト BN-MUS7CW

最大接続台数

テザリングで接続できる最大接続台数は端末によって異なりますが、どの機種も5〜10台ほどとなっている。

USBテザリング

テザリングに対応している機種のほとんどがパソコンにUSBケーブルで接続できるUSBテザリングにも対応しています。

USBテザリングならパソコンで充電しながらテザリングできるため、バッテリーの消耗を気にせずに利用できるというメリットがあります。

たとえるなら、スマートフォンをデータ通信カードのように使うような感覚です。

USBテザリングを利用するには、事前にパソコンにドライバをインストールする必要があります。

iPhone

iPhoneは元々テザリング機能を搭載しているが、日本で販売されているiPhoneはテザリング機能が使えない仕様になっている。

iPhoneでテザリングするには、脱獄(Jail break)して、非公式アプリ「TetherMe」などを導入すれば利用できるようになる。

しかし、脱獄を行うと、トラブルにあった際にメーカー保証が受けられない可能性がある。

また、テザリング時にパケット定額の対象外となり、高額なパケット料金を請求される恐れもある(いわゆるパケ死)。

そのため、iPhoneでテザリング機能を使う場合は、あくまで実験程度の利用にとどめることをオススメする。