スポンサーリンク
用語解説

理論値と実行速度とベストエフォート

データ通信規格では「理論値」で通信速度を表示することになっているので、カタログやウェブなどで下り37.5Mbpsを書いてあっても、この速度はまず出ない。
用語解説

Xi(クロッシィ)

Xi(クロッシィ)とは2010年12月にNTTドコモが開始したLTEサービスの名称。
用語解説

WiMAX(ワイマックス)

WiMAX(ワイマックス)とは「Worldwide Interoperability for Microwave Access」の略で、2003年1月にIEEE(the Institute of Electrical and Electri...
用語解説

LTE

LTE(エルティーイー)とは「Long Term Evolution」の略で、3G系の技術を発展させたもので3.9Gと位置づけられている。
用語解説

4G(フォージー)

4G(フォージー)とは携帯電話の第4世代の通信方式のこと。
用語解説

3.9G

3.9G(さんてんきゅうジー)とは3Gを高速化させた3.5Gをさらに高速化させた通信方式のこと。
用語解説

3.5G

3.5G(さんてんごジー)とは3Gの通信速度を改良・発展させ、高速化させたもの。
用語解説

3G(スリージー)

3Gとは携帯電話の第3世代の通信方式のこと。 分かりやすい言葉で言うなら、電話回線の種類の1種。
スポンサーリンク